単身赴任にベッドは必要?経験者が語るおすすめアイテムを紹介

PR

単身赴任や一人暮らしにおいて、ベッドが必要かどうか気になる方も多いです。

・荷物になるし、引っ越しの時に大変そう
・どのようなベッドを選べばいいのかわからない

このような理由から、単身赴任や一人暮らしにおいてベッドを使用しない場合もあります。

一方で、ベッドは快適な睡眠環境やプライベートな空間作りに必要なアイテムです。

特に、疲労がたまりやすい単身赴任において、ベッドで休む時間は快適さを追求できます。

そこで、この記事では単身赴任においてベッドが必要なのか、どのようなベッドを選べばいいのか、購入する以外に方法はないのかなどを解説します。

単身赴任や一人暮らしにおいて、ベッドでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

目次

単身赴任においてベッドは必要なのか?そのメリットとデメリットを徹底解説

ここでは、単身赴任においてベッドは必要なのかどうか、ベッドがあった場合のメリットとデメリットを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

単身赴任でベッドがあるデメリット

単身赴任でベッドがあると以下のようなデメリットが発生します。

  • スペースの制約:単身赴任先の住居は狭いことが多く、ベッドの設置に制約が生じる場合があります。
  • コスト:新たにベッドを購入する場合、費用がかかることがあります。
  • 移動の手間:単身赴任が終わった際、ベッドの処分や持ち運びが煩雑な作業となる可能性があります。

スペースの問題、費用の問題、ベッドの移動・処分の問題などがデメリットとしてあげられます。

次にメリットをみてみましょう。

単身赴任でベッドがあるメリット

単身赴任でベッドがあるメリットは以下の通りです。

  • 快適な睡眠環境:自分専用のベッドがあることで、寝心地や快適さを確保できます。睡眠の質が向上し、仕事に集中できる可能性が高まります。
  • 健康への影響:適切なベッドは体のサポートや姿勢の維持に役立ちます。快適な寝具を使うことで、体の疲労回復や健康促進につながるでしょう。
  • プライベート空間の確保:単身赴任では、自分だけのリラックスできる空間が重要です。ベッドはそのプライベートなスペースを提供し、心地よい安らぎをもたらします。

疲れやすい単身赴任において、ベッドの睡眠環境は健康への影響を考えても重要なポイントになります。

また、疲れを癒すためにはリラックスできる空間づくりが重要で、ベッドはその空間に最適です。

よって、結論を言うと単身赴任にベッドはあった方がいいです。

単身赴任者に最適なベッドの選び方

ここでは、ベッドの選び方を紹介します。

単身赴任などの1人暮らしで最適なベッド選びのポイントは以下の通りです。

ベッド選びで迷ったらぜひ参考にしてください。

快適さとサポート性能で選ぶ

快適な寝心地を実現するためには、マットレスの硬さと柔らかさを適切に選ぶことが重要です。硬さと柔らかさは個人の体格や寝姿勢に合わせて選ぶ必要があります。

まず、硬さについて考えましょう。硬いマットレスは体をしっかりと支え、身体全体の圧力を均等に分散させる特徴があります。背骨を正しい位置に保ち、腰部の過度な沈み込みを防ぐ効果があります。一方、柔らかいマットレスは身体にやさしくフィットし、体のカーブに沿って包み込む感覚があります。体圧の軽減や身体のくつろぎ感を提供します。

次に、腰部支持に注目しましょう。背骨の自然なカーブを保つためには、腰部を適切に支えることが重要です。腰部が十分なサポートを受けない場合、腰の痛みや不快感が生じる可能性があります。適切な腰部支持を提供するマットレスは、腰部の沈み込みを抑え、脊椎の正しい姿勢を保つ役割を果たします。

設置するスペースで選ぶ

単身赴任者に最適なベッドを選ぶ際には、狭い単身赴任先の部屋に適したコンパクトなベッドや折りたたみ可能なベッドが理想です。

コンパクトなベッドは、省スペースのデザインを特徴としています。部屋のレイアウトに合わせてコンパクトに配置できるため、スペースの有効活用が可能です。また、折りたたみ可能なベッドは、必要なときには広げて使用し、不要なときにはコンパクトに畳んで収納することができます。これにより、日中のスペースを有効に利用することができます。

収納スペースのあるものを選ぶ

収納スペースのあるベッドフレームも単身赴任者にとって便利な選択肢です。ベッドフレームには引き出しや収納スペースが備わっており、衣類やその他のアイテムを収納できます。

限られたスペースを効果的に活用しながら、部屋を整理整頓できる点がおすすめです。

耐久性や移動の便利さで選ぶ

耐久性と移動の便利さも重要な要素となります。特に頻繁に引っ越す可能性がある場合は、分解や組み立てが容易なベッドを選びましょう。組み立てや分解が容易であれば、設置する際にも手間を取りません。

また、高品質で耐久性の高いベッドは、何度引っ越しても壊れにくいです。頻回に引っ越しがあるような場合は、できるだけ耐久性の高い素材のものを選んでください。

ベッドのサイズで選ぶ

単身赴任者にとって適したベッドを選ぶ際には、ベッドサイズの選択が重要です。個人の身長や体格に合ったサイズを選ぶことで、快適な睡眠環境を確保することができます。一般的に、単身赴任者にはシングルサイズやセミダブルサイズのベッドが適しています。

以下、ベッドサイズと特徴です。

ベッドサイズ幅(cm)おすすめの対象特徴
シングルサイズ約90一人で寝ることが多い場合や身長が標準的な方狭い単身赴任先の部屋に適しており、スペースの制約を解消できる。快適な広さを提供する。
セミダブルサイズ約120身長が高めの方や寝るときに体を広げる方一人で寝るにはゆとりがあり、身体をくつろがせるスペースがある。移動の自由度も考慮する必要がある。

寝るときに体を広げる方や、身長が高めの方には広めのサイズが適しています。また、移動の自由度や部屋のスペースに合わせて、適切なベッドサイズを選んでください。

騒音や振動のしないものを選ぶ

快適な睡眠環境を実現するためには、騒音や振動の問題にも注意を払う必要があります。隣人や隣室への騒音や振動の伝達を最小限に抑えるためには、ベッドの耐久性と吸音性能に注目しましょう。

高品質なマットレスやベッドフレームは、騒音と振動の軽減に効果的です。マットレスは、しっかりとしたサポートと吸音性能を備えていることが重要になります。適切な硬さと柔らかさのバランスを持つマットレスは、騒音や振動の伝達を抑えるだけでなく、背骨の自然なカーブをサポートして快適な寝心地を提供します。

また、ベッドフレームも騒音と振動の防止に貢献します。頑丈な構造と適切な吸音材の使用によって、ベッドの耐久性と振動吸収性を高めることができます。特に、金属フレームの場合は、振動の伝達を抑制する効果があります。

これらの要素を考慮することで、騒音や振動に悩まされることなく、静かで安定した睡眠環境を実現することができます。

ベッドの素材で選ぶ

ベッドを選ぶ際には、素材の選択も重要な要素です。適切な素材を選ぶことで、快適な睡眠環境を実現することができます。以下に、一般的なベッド素材とその特徴について解説します。

ベッド素材特徴
木製ベッド– 耐久性があり、美しいデザインと共に優れた耐久性を備えている。
– 静かで安定感があり、騒音や振動を最小限に抑える。
– 自然な風合いや温かみのある雰囲気を演出する。
金属製ベッド– 頑丈で安定感があり、しっかりとしたサポートを提供する。
– 振動の伝達を抑制し、騒音や揺れを軽減する効果がある。
– スタイリッシュなデザインが特徴で、モダンな雰囲気を演出する。
ファブリック製ベッド– 柔らかな質感と快適な触り心地が特徴である。
– 繊維素材の使用により、吸音性に優れ、騒音や振動の軽減に役立つ。
– 多様なデザインやカラーのバリエーションがあり、インテリアに合わせて選ぶことができる。
レザー製ベッド– 洗練された印象と耐久性を兼ね備えている。
– 革の表面は丈夫で、汚れや水濡れにも強い特徴がある。
– 騒音や振動を吸収する効果があり、静かな寝環境を提供する。
– 高級感や上品さを演出することができる。

単身赴任先での睡眠環境改善に効果的なベッドアクセサリー5選

単身赴任者にとって、快適な睡眠環境は健康と生活の質を向上させる重要な要素です。

ベッドアクセサリーはより良い睡眠をサポートするために役立つアイテムになります。

ここでは、睡眠環境改善に効果的なベッドアクセサリーを5つご紹介します。

睡眠環境改善に効果的なアイテム①:ベッド枕

適切な枕は快適な寝姿勢をサポートし、首や肩の疲れを軽減します。そのためには、高品質な素材と適切な高さや硬さを選ぶのが重要です。

例えば、快眠をサポートするため、頭と首の自然な位置が保てる適切な高さの枕が必要です。

また、通気性のある素材や快適な触感の枕もおすすめです。

枕は個々の好みや体型に合わせて選んでみてください。

睡眠環境改善に効果的なアイテム②:マットレスパッド

マットレスパッドは、快適な寝心地を提供しベッドの硬さや冷たさを調整します。体圧分散や保温性に優れたものを選ぶといいです。

例えば、体のカーブに合わせて適切なサポートを提供するマットレスパッドは、寝姿勢をサポートし、体への負担を軽減します。

また、保温性の高いマットレスパッドは、冷たさから身を守り、快適な睡眠環境を作り出します。吸湿性や通気性も重要なポイントです。

睡眠環境改善に効果的なアイテム③:寝具カバー

清潔な寝具環境を保つためには、抗菌性や防ダニ性のある寝具カバーを利用しましょう。また、肌触りの良い素材や洗濯しやすいものを選ぶと便利です。

例えば、抗菌・防臭機能が備わった寝具カバーは、細菌や臭いの発生を抑え、清潔な状態を保ちます。また、肌にやさしい素材や繊維の密度が高い寝具カバーは、快適な寝心地を提供します。

洗濯時の手間を考慮し、取り外しやすいデザインも選びましょう。

睡眠環境改善に効果的なアイテム④:ノイズキャンセリングイヤープラグ

騒音の多い環境での睡眠に悩んでいる方には、ノイズキャンセリングイヤープラグがおすすめです。外部の騒音を遮断し、静かな環境を作り出します。

例えば、周囲の音を効果的に遮断するノイズキャンセリングイヤープラグは、交通騒音や隣人の音などから身を守り、集中力を高めることができます。

快適な音楽や自然の音を流す機能もあるため、リラックス効果を得ることもできます。

睡眠環境改善に効果的なアイテム⑤:アロマディフューザー

リラックス効果や睡眠の質を高めるために、アロマディフューザーを利用するのも良いでしょう。ラベンダーやカモミールなどの香りは、安眠をサポートします。

例えば、アロマディフューザーは、エッセンシャルオイルを微粒子化して拡散させることで、リラックス効果を与えます。特定の香りには、鎮静効果やストレス解消効果があるため、心身をリラックスさせ、より深い睡眠をサポートします。

好みや目的に合わせた香りを選びましょう。

単身赴任者におすすめのベッド5選

ここでは、単身赴任者におすすめのコンパクトベッドを紹介します。

寝具と安眠グッズ専門店 anmin
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

マットレス付きでこの価格は嬉しいポイントです。


折りたたみできるタイプはスペースの有効活用ができます


収納スペースが少ない部屋におすすめ!


タンスのゲン Design the Future
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

マットレスに脚が付いたタイプはベッドほど窮屈になりません
見た目もすっきり!


家具・インテリア直販店MyHome
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

ソファーベッドは普段はソファーとして活用し、休みたいときだけベッドに変えられるので、用途としては使いやすいです。

家具レンタルサービスの活用で単身赴任のベッド選びをスムーズに!お得な方法とは?

単身赴任先でのベッド選びをスムーズに進める方法として、家具レンタルサービスの活用がおすすめです。家具レンタルサービスでは、必要な期間だけ家具を借りることができます。

まず、家具レンタルサービスを利用すると、ベッドの選びの手配にかかる手間や時間を大幅に節約できます。また、サービスによっては、ベッドの配達や組み立ても行ってくれるため、面倒な手続きや作業も不要です。

さらに、家具レンタルサービスを利用すると、経済的にもお得です。新しいベッドを購入する費用や持ち運びにかかる費用を抑えることができます。また、単身赴任が一時的なものである場合や、引っ越しの頻度が高い場合には、家具の売却や処分にかかる手間や費用も省けます。

さらに、家具レンタルサービスでは、必要な期間だけ家具を借りれるため、将来の変化や予定に柔軟に対応できます。単身赴任の期間が延長されたり、異動先が変わったりする場合でも、新しい環境に合わせて家具を調整可能です。

以下の記事では単身赴任におすすめの家具レンタル5選を紹介しています。気になる方はぜひ参考にしてください。

単身赴任者の声から分析!おすすめのベッドブランド&モデルをご紹介

ここでは、おすすめのブランドを中心に紹介します。

どんなブランドがあるのか参考にしてください。

エアウィーヴ

エアウィーヴはその独自のエアウィーヴマットレスで知られるブランドです。エアウィーヴマットレスは体圧分散や通気性に優れており、快適な寝心地を提供します。単身赴任者からは、姿勢のサポートや疲れの軽減に効果的だと評価されています。

シモンズ

シモンズは世界的に有名なベッドブランドであり、その品質と快適性で高い評価を受けています。特に「ビューティレスト」シリーズは、体圧分散や腰部のサポートに優れていると評判です。単身赴任者からは、品質の高さと快適な寝心地が高く評価されています。

テンピュール

テンピュールは特殊な素材を使用したマットレスで知られています。体にフィットし、圧力を分散させる特徴があります。単身赴任者からは、体の疲れを軽減し、快適な睡眠をサポートする効果があると好評です。

西川リビング

西川リビングは日本の寝具メーカーであり、その品質の高さと快適性で人気があります。特に「敷きパッド」や「羽毛布団」シリーズは、快適な寝心地を追求した製品として知られています。単身赴任者からは、快適さと耐久性が高く評価されています。

単身赴任はベッドを活用して快適な睡眠環境を手に入れよう!

この記事では単身赴任や一人暮らしにおいて、ベッドが必要か・どのようなベッドがおすすめなのか・ベッドの選び方は何をみればいいのかなどを紹介しました。

単身赴任経験者の私としては、ベッドはあった方がいいです。

快適な睡眠環境・疲れを癒すためにはベッドで睡眠を取るのが1番だと感じています。

どのようなベッドにすればいいのか迷っている方はぜひこの記事を参考にしてください。

また、購入せずにレンタルという選択肢もあります。

短期間の場合はレンタルがお得な場合も多いです。ぜひ試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

じょにー( ゚Д゚)
ブロガー|WEBライター|理学療法士
このサイトは、
「見たい、知りたい、稼ぎたい」をテーマとした、
いわゆる雑記ブログです!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次